FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > 世界で高い評価
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
天仙液の類似品・偽物について
世界で高い評価
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈


天仙液は、中国国家衛生部を通して、中国国家医薬管理局の証明書を取得し、高い評価が与えられました。さらに開発者である王振國医師は、1989年度第38回ユーリカ世界発明博覧会で、世界個人研究最高発明賞を受け、ベルギー王国栄誉勲章、将軍勲章、騎士勲章を受けております。1990年には「中国十大傑出青年」に選出され、江沢民、李鵬等国家指導者から表彰を受けており、政府からの支持を得ました。1992年には、イギリスケンブリッジ国際伝記センター「国際知識人人名記録簿」にその名を残しました。
 
なお、こうした数々の栄誉もさることながら、江沢民・国家主席が中国のはずれにある通化市の吉林省抗ガン協会、長白山薬物研究所まで足を運ばれ、工場や研究所を熱心に見学された上、天仙液を賞賛すると言う言葉をかけて下さる栄に浴しました。また、そのときに王振國医師は江沢民・国家主席に対し「10年後に中国人民大会堂(北京)で、抗ガン戦士を題とするガン病と闘った患者を集い、主席の研究所訪問に恩返ししたい」と約束し、2000年1月10日、香港を含むアメリカ、日本、マレーシア、タイ、台湾をはじめとする世界中から天仙液で奇跡的に助かったガン患者を集め、「世界抗ガン勇士大会」を開催しました。
 
 
それは天仙丸を基に研究された抗ガン漢方薬・天仙液を開発して間もなくのことで、江沢民・中国国家主席より、「天仙液によって、わが国に多大な貢献をしたことを賞賛する」とのお言葉を頂きました。ようやく納得のできる抗ガン漢方薬を完成させることができたのです。それ以降、急速に病に悩む人々の手に渡っていったのです。

天仙液は、誕生から15年間、20ヶ国に安定供給されており、その評価は年々高まっています。中国国家衛生部が天仙液の前身である天仙丸を抗ガン漢方薬として医薬品認可したのが始まりで、ガン治療先進国アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受け、オーストラリアではTGA(薬物管理局)から医薬品の認可を得ており、またタイでは厚生省食品医薬品局から医薬品の認可を得る等、世界各国でその有効性が認められています。
 
アメリカ FDA(U.S.Food and Drug Administration-アメリカ食品医薬品局)から認可を受けたサプリメント(栄養補助食品)。「天仙1号」で商標登録。
オーストラリア TGA(Therapeutic Goods Administration-薬物管理局) から認可を受けた医薬品。「天仙液」で商標登録。
香 港 衛生・福利・食品局から認可を受けた医薬品。「天仙液」で商標登録。
タ イ 厚生省食品医薬品局から認可を受けた医薬品。「天先液」で商標登録。(「仙」はタイでは王族だけが使用のため、「先」を使用)
台 湾 衛生署から認可を受けた食品。「天仙液」で商標登録。
 
厚生労働省は天仙液を「海外の医薬品」と認知しており、残念ながら未だ国内の医薬品として認可を受けておりません。しかし、今現在も国内外のさまざまな医療・研究機関で臨床・非臨床試験を行っているのは、東洋医学(漢方医学)を基礎に開発された抗ガン漢方薬・天仙液の有効性を、現代医療の見地からも検証すべきと考えるからです。また、天仙液をより広く世界で、多くの方々にご利用頂くためでもあります。

  これまで行われた病理・臨床試験によるデータから、その高い抗腫瘍作用だけでなく、ガン治療において応用範囲が広域であることも確認されています。このように、各国で医薬品認可を得るため、現在も製品の研究・臨床試験が行われています。

国際癌病康復協会 関西支部(月〜金/午前10時〜午後6時)
電話: 075-415-7518 
 
天仙液は、1999年12月にFDA(アメリカ食品医薬品局)に漢方デイリーサプリメントとして認可を受けております。FDAは日本で言う「厚生労働省」の所轄にあたり、治験や許認可審査もされております。アメリカでは、FDAの厳しい治験・審査承認体制により、多くの製品が厳重に治験審査されております。
これらの厳しい審査の合格を受けた製品は、製品の信頼性や安全性は言うまでもなく、品質の高さにおいても保証されることは間違いないでしょう。
 
天仙液は、アメリカ工場(アメリカ・カリフォルニア州)において、徹底的な品質管理・生産ラインを確立させて、2000年12月にGMPから認証を受けております。
 
 
天仙液は抗ガン漢方製剤として初めて、アメリカの権威ある医学誌(『Alternative and Complementary Medicine』2005年4月号)に臨床試験データを基として、高い抗ガン作用を示す研究論文が掲載されました。これはアメリカの医学界においても、漢方製剤「天仙液」の抗ガン作用、抗ガン効果が認められた証です。
天仙液が掲載された医学誌の表紙(左)と研究論文のトップページ(右)
 
 
 

天仙液はこれまで世界各国30ヶ所以上の医療・科学研究所で、薬理、薬効、毒理等に関する臨床・非臨床試験を行っています。その抗ガン作用を証明する科学データは、天仙液の有効性の高さを示しています。

  この度、日本の試験機関において試験が行われ、高い抗腫瘍作用が確認されました。以下は試験最終報告の一部抜粋です。(無断転載禁止)

※この実験は、中日飛達聯合有限公司の販売する「天仙液」を検体として使用したものです。

[ 試験機関 ]
株式会社 新薬開発研究所 中央研究所

[ 試験表題 ]
「天仙液の抗腫瘍効果に関する試験」「天仙液の抗腫瘍効果に関する試験II」

[ 試験方法 ]
マウス(各8匹)に腫瘍を移植後、14日間、
対象群:水(注射用水)
投与群:天仙液(改良型)
投与群:天仙液(強効型)
を経口投与し、投与終了翌日、腫瘍を摘出し、その重量を測定。

   
投与量は、一般の方々にわかり易いよう、試験機関の了承を得て通常の〔ml/kg/day〕を〔ml/匹/day〕で表記しています。
 
 
「天仙液」はこれまで世界中の医学・科学による数多くの臨床試験データが発表され、抗ガン作用、抗ガン効果が実証されています。ここで、その一部の試験データを紹介します。

■臨床試験データ目録

1. ヒトのTリンパ球における漢方抽出物「天仙液」の免疫調節効果
(台湾大学 医学部歯科学部微生物研究所)
2. 天仙液による慢性再発性アフタまたはびらん性口腔平苔癬患から分離した抹消血単撹核細胞によるK-562、MT-2腫瘍細胞系の細胞毒殺作用
(台湾大学 医学部歯科学部微生物研究所)
3. 天仙液はさまざまなヒトガン細胞の増殖を阻害しアポトーシスを誘導する
(台湾大学 医学部歯科学部微生物研究所)
4. 天仙液における移植性S180肉腫と肝臓ガンの抑制作用の研究
(FRC 生物医学研究センター)
5. 天仙液におけるハツカネズミに非特異性免疫機能に与える影響の実験研究
(FRC 生物医学研究センター)
6. 天仙液における酸素遊離基の清掃作用に対する実験報告
(FRC 生物医学研究センター)
7. 天仙液における毒理学試験の研究
(FRC 生物医学研究センター)

 

 
国際癌病康復協会 関西支部(月〜金/午前10時〜午後6時)
電話: 075-415-7518 


ページトップへ戻る