FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > 天仙液の科学的検証・毒物学の実験研究
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
天仙液の類似品・偽物について
世界で高い評価
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈

天仙液の資料請求はこちらから 関西支部へのお問い合わせはこちらから
天仙液の科学的検証・毒物学の実験研究
天仙液の科学的検証
毒物学の実験研究 活性酸素・フリーラジカル 移植性S180肉腫と肝癌
非特異的免疫機能 免疫調節研究 腫瘤細胞株
アポートシス誘発 腫瘤生長の抑制 抗腫癌作用実験
T細胞活性化

1.研究内容 2.研究方法 3.検証j結果 4.貴方にお伝えしたいこと

.研究内容
衛星毒物学は、薬物が生体に進入した後、体内での吸収・分布・転化・蓄積と排泄規律を研究し、この研究により天仙液が抗腫瘤作用において、臨床上の使用時安全性を実証した。
2.研究方法
急性毒性実験、蓄積毒性実験、微核実験、精子奇形実験、Ames実験及び微生物突然変異実験。

3.検証結果
天仙液を経口投与後、実験動物の体重と体重平均増加値に対しては、影響を与えない。動物の飲食と活動は全て正常で、局部また全身中毒症状を現した実験動物は、一例も見られなかった。実験組と対照組の各臓器係数を統計学的に比較した結果も、明らかな差異は認められなかった。上記より、天仙液は薬物の毒性テストと安全性テストに符合しています。

4.貴方にお伝えしたいこと
あらゆる食品、特に健康食品名は毒性テストをパスし、体内に食用しても無害であることを証明することが大前提です。この実験において、天仙液にたいして、各項目の毒物テストを行った結果、天仙液は無毒の漢方製剤である事を検証しました


ページトップへ戻る