FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > 共同開発者・王振國医師
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈

天仙液の資料請求はこちらから 関西支部へのお問い合わせはこちらから
共同開発者・王振國医師
1.漢方で癌を治したい! 2.天仙丸が誕生 3.天仙液が誕生 4.PROFILE

.中国伝統の漢方でガンを治したい!
 王振國は1954年、通化市の郊外にある山間の公益と言う村に、6人兄妹の次男として生まれた。農業を営む彼の家は貧しく、おまけに現金収入がほとんどなかったので、生活を維持するのがやっとという状態。12羽のニワトリが生む卵が唯一の現金収入の道だった。当時は東北地方全体が貧しかった上、大規模な冷害がたびたび発生したので、彼らは木の皮を食べて飢えをしのいだこともあったと言う。
 「私が7歳になって小学校に入ろうかと言うとき、母がこう言ったんです。『実はおまえを学校に行かせるだけのお金が家にはないんだよ...』。そこで、自分で採った薬草を売り、学校に行く金を作ろうと考えたのです。私は体が大きかったし、大人に混じって薬草を採りに行ったりもしていて、5、6種類の薬草なら見分けられるようになっていました。長白山の麓に生まれたからこそ得られた幸運だと思いましたよ」


 やがて彼は、大人も顔負けするほどの薬草採りになる。中学に入るころには100種類以上の薬草を見分けられるようになり、少しでも高値がつく薬草を採り、それを半日かけて通化まで売りに行くようになっていた。それで家計を助け、彼自身が中学に行く費用も稼ぎ出したのだ。

 1969年、中学を卒業した振國は人民政府の職員となり、村の養豚場で働くようになった。しかし、そうなってからも、彼は休みになると薬草を採りに山へ行っていた。ただ、今度は売るためではなく、すでに興味をもっていた薬草の勉強に使うためだった。
 「初めて手にした給料で、『東北中薬草』と言う専門書を買ったんですよ。その本には、この地方で採れる薬草が図解されていて、それをどのように配合するとどんな病気に効果があるかが書かれていたんです。私は無理とはわかっていても、いつかは医者になりたいと思っていました。だから、本を頼りに薬草を集め、調合を繰り返していました」
 そんな振國の独学の成果が問われるときがある日やって来た。村に気管支を患い苦しんでいる老人がいたので、彼は自分が調合した薬を頼んで飲んでもらうことにしたのだ。すると、その効果は2、3日して現れ、1ヶ月もすると、老人は畑仕事に出られるほどになった。

 さらに同じころ、村で下痢が流行ったが、彼が調合し、煎じた薬でほとんどの症状が緩和した。村人たちは喜び、彼の薬草に関する知識を認めるようになった。それによって、仕事のほうも養豚担当から獣医へと昇格した振國は、さらに鍼灸の勉強を始めるようになった。彼が16歳のときのことだ。

 公益村に薬草に詳しい、鍼灸もできる少年がいるらしい.....。 そんなウワサが村人を通じて広がり、それは人民公社衛生学院の院長の耳にまで届いて、振國を見習い扱いで呼び寄せてくれた。しかも、その直後に人民政府が地方都市に医師を養成する学校を作る方針を出し、通化にも吉林省通化市衛生学校が設立されることになった。彼は、卒業後1年間は出身地で医師として働くことを条件に、ここに入学を許された。
 「私は幸運でした。ここで中医学(漢方医学)と西洋医学を体系的に学ぶことができたのです。そして、卒業後に通化市の六道溝衛生学院と言うところで実習生として働いていたときに、その後私の進むべき道を決定づけるような出来事が起きたのです。

 それはある日、ガン病棟で起きました。病室から飛び出してきた12歳くらいの娘が私の足元にひざまずき、涙をいっぱいためながらこう懇願したのです。『先生、私のお母さんを助けて下さい!』
 見れば、病室の母親らしき女性は末期の肝臓ガン患者で、お腹が妊婦のように膨れ上がっていました。一緒にいた先生のお話では、余命はあと十数日とのことでした。痛みに苦しむ母の姿に耐えかねた娘は、まだ医者ともいえないような私に助けを求めたのです。

  1週間後に母親は亡くなりました。私は、医者なのに患者を助けてあげることもできないんだと、非常に悔しい思いをしました。そして、中国にはこんなに薬草がいっぱいあるのに、ガンに効く薬草はひとつもないのか、と落胆もしました。

 このとき私は、生涯の中で、ガンに効く漢方薬を研究しようと心に誓ったのです。当時の私は、西洋医学、ことガンの治療に関してごく浅い知識しかありませんでしたが、これほど進んだ西洋医学でもガンは治せないとゆう現実に打ちのめされたのです。だからこそ、中医学にガン克服の道があるのではないかと考えたのです。ガンと言う病の恐ろしさ、難しさを知らなかったための、無謀な決意といえなくもありませんが...」



 重大な決意を胸に秘めた振國は、その後、吉林省の隣、遼寧省海城市の人民解放軍の衛生員となった。それは、中国に古くから伝わる、漢方によるガン治療のための薬草や処方、治療法等を広く集めるのに、格好の職場だったからだ。軍隊には立派な病院や専門書が整った図書館があり、また中国各地から集まってくる兵士たちから地方ごとのガン治療のための薬草や処方、民間療法等を聞きとることができたのだ。

 「衛生員をしていた4年間で、薬草や処方だけで800以上が集まりました。私はこれらを整理し分類していけば、ガン治療薬を作れるようになる日も近いと小躍りしていたものです。

 しかし、それはあまりにも甘い考えでした。薬草の多くはすでに何らかの形で紹介されたものでしたし、処方も抗ガン効果があるとされる生薬にいくつかの生薬を組み合わせたもので、参考にできるくらいのものでしかなかったのです」
 だが、その後、通化市の公務員となり、製薬工場の工場長、市政府の秘書と仕事は変わっても、振國の薬草と処方收集は途絶えることがなかった。そして2、3年後には、中国各地を訪ね歩いて集めた民間療法や秘伝といわれるような処方は1200種にも達していた。彼は、今度はその処方に使われる生薬を分類し、それぞれの長所や欠点を調べ、整理することを始めた。そうすることによって、より効果的な配合による処方を見つけ、ガン治療のための新しい漢方薬を生み出そうと考えたのだ。

 そのために彼が基本にしたのは、身体の三大構成要素である『気・血・津液(水分)』の流れをよくすることだった。漢方では、これらの流れが滞るとさまざまな症状が生じ、弱まって病気にかかり、治らなくなってしまうとされる。だから、それを改善する生薬を選び出すことが、ガン治療のために大切だと考えたのだ。

 「私はまず、抗ガン作用をもつ生薬を始めとした60種類の生薬を絞り込みました。そして、マウスを使った実験等で、さらに半分に選別し、いよいよ処方作りにとりかかったのです」


 振國は公務員を休職し、研究に没頭するために自宅に研究所を開いた。その名は、現在と同じ『通化長白山薬物研究所』。しかし、それは振國の家の一角に設けられたごく小さなスペースで、実験用マウスの飼育箱がその大半を占めていた。生薬を加工するための道具は借り物だったし、冷蔵庫は家の外に地中深く掘った穴を代用したものだった。
2.ついに天仙液の前身、天仙丸が完成!
 そして1983年、配合の試験と実験を2年間ほど繰り返した結果、最初の試作薬が完成した。1300粒のカプセルに、振國は『天仙丸』と命名した。初期の主要成分であった天花粉(抗腫瘍、抗菌作用)と威霊仙(鎮痛、抗腫瘍作用)と言う二つの生薬の名をとったのだ。彼は喜びにふるえたが、本当につらく、苦しい時期は、実はこのとき始まったのだ。

 「試作薬ができてからも、マウスによる実験や毒性試験を重ねました。また、腫瘍実験をして改良を続け、これならガンに対して効果があると言うところまで近づけていきました。そうやって、これならほぼ間違いないと言う薬ができた段階で、今度は近郊にあるいくつかの大病院で試用してもらおうとしたのです。しかし、結果はどの病院でも門前払いでした。漢方の本場、中国でありながら、どこも西洋医学が中心で、ガンに効く漢方薬等ハナから信じてもらえなかったのです」


 結局、臨床試験をしなければいけない段階になって、その道を閉ざされてしまったのだ。それから彼は、あちこちでガン患者を捜し出しては、天仙丸を試してみてもらえないかと頼んで歩いた。しかし、見ず知らずの男にいきなりガンに効く漢方薬を試せといわれても、そう簡単に信用してもらえるわけがない。現実の厳しさに直面して、振國は肩を落とした。しかも、長年の研究で私財を使い果たし、彼のポケットにはわずかばかりの小銭が残っているに過ぎなかった。

 「でも、私は幸運でした。そんな私の噂を聞きつけて、胃ガンの末期症状と診断されて医者にも見放されてしまった老人が訪ね来てくれたのです。私は彼に一瓶の天仙丸を手渡しました。2ヶ月後、老人からカルテが同封された手紙が届きました。そこには、胃の腫瘍が消滅し、近くを散歩するまで快復したと言う事実が記されていたのです」

 この老人の話が広まり、やがて同様の患者が振國の元へ次々と訪れるようになった。そして、多くの人がガンの諸症状が軽くなったり、末期ガンの患者が安らかな死を迎えられたと伝えてくれた。やがて、そんな天仙丸の効果を目の当りにした通化市役所の書記長が、権威ある研究機関である天津医薬科学研究所で臨床試験を行えるように手配してくれたのだ。そして半年後、研究所から届いた結果は「天仙丸には、これまでのガン治療薬にはみられない特有の効果がある」と言うものだった。振國が研究を始めて、実に11年の歳月を経てのことだった。
「この後、さらなる臨床試験を経て、1986年、天仙丸は『国家的レベルで研究する価値がある』と評価され、中国政府の国家的研究プロジェクトの一項目として取り上げられたのです。そして、中国中医研究所等各地の25の医療機関、大学病院で臨床試験が行われました。また、88年にはアメリカ国立ガン研究所のRobert Shumaker博士らによる臨床試験で『10種類のガン、48種類のガン細胞に対する有効率は80.4%』と報告され、中国政府からは初の抗ガン治療薬として認可されたのです」

3.天仙丸を改良、液化して天仙液が誕生!
 こうして、'1986年に政府機関の『通化長白山抗ガン薬物研究所』ができ、彼は主任研究員となった。そして、翌年には製薬化した天仙丸の実績が高く評価され、個人の研究所とすることを認められたのだ。

 「私がそこで始めたのは、今度は天仙丸の液体化でした。胃腸での消化、吸収の早さと飲みやすさでは、内服液が最良だったからです。また、それにともなう成分の質的見直しもする等して、製薬会社の中日飛達聯合有限公司(本社・香港)との共同開発で液体化の研究を推し進めました。結局、この為に3年の年月がかかってしまいましたが、'1991年に最初の液体化されたガン治療薬『中国1号天仙液』が完成しました。この天仙液は、その後行った臨床試験の結果、天仙丸よりも高い評価を受けるものとなり、以後、さらなる研究開発を進めて、'1995年には『中国1号天仙液改良型』が、さらに'1999年には『中国1号天仙液強効型』が完成したのです。」

 こうして、振國の心血を注いだガン治療のための漢方薬『天仙液』は、進化をとげ誕生した。そして、現在では20ヶ国で60万の人々が使用している天仙液が、次々とアンプルに詰められて、世界の人々の元に送られている。その原料となるのは、ほとんどが長白山周辺で採取された生薬の新鮮なエキスだ。

 振國はその作業を見つめながら、最後にこう語った。

 「長白山は古くから『薬草の宝庫』とか『漢方の故郷』といわれてきました。私はそんな素晴らしい土地に生まれ、漢方薬の研究をしてこられたのです。そして、この上質の薬草があったからこそ、天仙液を開発できたのだと思っています。現在も今後も、私の研究テーマは一貫して『究極の抗ガン漢方薬』を作ると言うことです。そのために、より抗ガン効果が高く、免疫力を高める生薬を見つけ出すことに力を注いでいくつもりです。薬草の研究こそが、私に課せられた運命だと思っているからです」
※主婦と生活社「漢方ってこんなにすごい」より抜粋

4.王振國PROFILE
1954年、中国吉林省通化市生まれ。1975年、中国吉林省通化市衛生学校(医師学校)を卒業。1983年「天仙丸」を開発。1988年、中国で初めて「ガン治療薬」と認定される。その後、より効果の高い「天仙液」を開発。これら一連の研究が認められ中国十大傑出青年選出、イギリスケンブリッジ国際伝記センターの国際知識人人名記録簿掲載、1989年ユーリカ世界発明博覧会にて「世界個人研究最高発明賞」を受賞。さらに、ベルギー王国栄誉勲章、将軍勲章、騎士勲章を受章。

現在、吉林省抗ガン協会長白山薬物研究所所長、中国抗ガン基金協会協調部副主任、吉林省抗ガン協会副会長、珠海振國医薬科学研究所所長、广西中医学院客員教授、广州中医学大学客員教授、国際ガン病康復協会会長等の要職をつとめる。上海、北京、珠海、通化等中国各地にガン治療専門病院を開設し、さらに各地の医療施設で政府要人を始め、多くのガン患者の治療にあたる漢方によるガン治療の第一人者。著書は中国を始め日本や香港、台湾、フィリピン、マレーシア等で多数上梓。また研究論文も多数発表。

ページトップへ戻る