FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > その他の発ガン物質
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
天仙液の類似品・偽物について
世界で高い評価
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈

天仙液の資料請求はこちらから 関西支部へのお問い合わせはこちらから
注目される天仙液
1.薬品 2.遺伝 3.自然環境・職業 4.ウィルスの発ガン
5.女性のガンの代表「乳ガンと子宮ガン」

1.薬品
日常的に使われている精神安定剤の一部や抗生物質、解熱剤、鎮痛剤などには肝障害をおこし、肝臓ガンを発生させる可能性を持つものがあり、また多くのも自身がガンを誘発させる作用も持ち合わせています。野菜などに付着した農薬菌は、虫を殺し草を枯らせるのが目的ですので強い毒性があります。発ガン性を持っていることは否定できません。

2.遺伝
大腸ガンの「家族性大腸ポリポージスのガン化」と「網膜芽腫」の二種類は遺伝するガンとして認められています。「白血病」「多発性内分泌線腫症」なども見とめられるのではないかといわれています。さらに遺伝素因を持った「大腸ガン」は他のガン(胃ガン、子宮内膜ガン、乳ガンなど)も併発した例もあります。

3.自然環境・職業
原子力発電所の事故による放射線の被爆や多量のレントゲン線照射は、皮膚ガンや白血病などの発生物質になります。他にも工場排煙や産業廃棄物、自動車の排気ガスや粉塵などにも発ガン性はあります。職場によっては有害な物質を吸引または嚥下することがあります。鉱山や汚れた空気中の埃や、ビルの内装に使用されるアスベストは、慢性の肺の病気や肺ガンを起こすことが知られています。

4.ウィルスの発ガン
ウイルスがガンの発生を起こすものとして、バーキットリンパ腫の原因となるEBウイルス、肝臓ガンの原因となるC型肝炎ウイルス、成人T細胞白血病のウイルスなどがあります。これらの多くは血液を介して感染しますが、現在は輸血の時のチェックは厳重なものとなっていますので心配はいらないと思います。また後天性免疫不全症候群(エイズ)のHIVウイルスも、免疫不全による発ガンと関係があることわかっています。

5.女性のガンの代表「乳ガン」と「子宮ガン」
乳ガンの発生原因として考えられるのは、30歳以上の初産である高齢出産・少産あるいは独身、早熟な初潮、遅い閉経、肥満、家族暦などがあげられます。現代の女性は晩婚や高齢出産が増え、これが乳ガンの発生率を高めているとされています。またホルモンのアンバランス化も問題になっていて、経口避妊薬(ピル)に含まれるホルモンが乳ガンの発生に関わっているというデータも認められています。
また子宮ガンは、早婚、多産、若年層での性行為、多数男性との性行為、陰部の不衛生、ヒトパピローマウイルスの感染などが発生要因にあげられています。実際にかつて多かった子宮ガンの減少傾向は、乳ガンと子宮ガンの発生要因の比例からも考えられることです。
ページトップへ戻る