FEIDA 国際癌病協会関西支部 ガンと闘う人たちを支える。
お問い合わせ   協会概要   リンク集   相互リンク集 
ごあいさつ 各支部での活動 各国支部のご紹介 慈善活動 当協会の概要
 トップページ > 東洋医学におけるガン治療
天仙液とは・・・
注目される天仙液
天仙液が生まれるまで
共同開発者 王振國医師
天仙液の成分と作用
天仙液 Q&A
天仙液の科学的検証
効果的な服用方法
利用者の声
天仙液の類似品・偽物について
世界で高い評価
ガン治療の考え
漢方薬でのガン治療
天仙液でのガン治療
東洋医学におけるガン治療
ガンに関する情報
ガンの症状の現われ方
その他の発ガン物質
化学物質による発ガン過程
ガン予防
漢方山脈紀行
漢方ってすごい
”薬草の宝庫”長白山脈

天仙液の資料請求はこちらから 関西支部へのお問い合わせはこちらから
東洋医学におけるガン治療
中医学のガン治療は、中国悠久の文化背景と深厚な民族基盤を持っており、その理論体系と治療方法には、独自の特徴があります。


1.全体像 2.正邪学説 3.弁証論治 4.機能の調節

.全体像
中医学は、すべての疾患に対する考え方が同じです。ガン治療に対して単に"ガン"だけを考えずに、全身的に考える特徴を持っています。これはガン治療において重要な意味があります。

2.正邪学説
中医学はガンの形態と進行を含め、どのような疾患に対しても"正"と"邪"の関係を重視します。疾患すべての要素を"邪"と呼び、外界から来たものは "外邪"、内部から生じたものを"内邪"といいます。
ガンをひき起こす"邪"には精神的な刺激以外に、主に気滞、血、熱毒、湿積、痰凝などがあります。"正"は先天的に受けたものと後天的に作られた病気に対する抵抗力を含む体の正気を示すものです。

3.弁証論治
弁証論治は中医学のもう一つの大きな特徴です。また、中医学のガン治療が最も重視する原則です。"証"は、ある段階での疾患の病因、メカニズム、部位および症状などに関する高度な概括です。
さらに中医学の弁証論治には、八綱弁証、臓腑弁証、気血弁証、六経弁証、四分弁証、三焦弁証などが含まれます。
ガン治療には通常、八綱、臓腑、気血の三つの弁証を連合して用いられ、現在ではガン治療に対する扶正邪の総原則で補気補血、補陰補陽、清熱解毒、理気行気、活血化、湿化痰、軟堅散結、以毒攻毒、腐生新など大まかな治療の原則が確定されています。

4.機能の調節
中医学のガン治療は症状の改善に使用され、一般的に副作用はほとんどないと言われています。

ページトップへ戻る